伊豆大島1周(当日編)

スポンサーリンク

3月12日~13日
伊豆大島1周走ってきました。

今回のメンバーは
ヒデさん
ムラーテさん
ひでおさん
ナイトさん(ひでおさんの友達)
よしえさん
みゆきちゃん
チホ
カキ
の8名

ルートはこちら・・・

12日22時発の船に乗り、13日の大島14時30分発の船で帰ってくるという
弾丸ツアーです。

竹芝までは車で行きました。
船に乗る人は
竹芝客船ターミナル近くの駐車場で24時間2000円になります。
今回はタイムズニューピア竹芝サウスタワーに停めました。

集合場所はイルカのオブジェ前。
BlogPaint

チケットは事前に予約してたためすぐ受け取れます。
チケットには名前と住所など記入しなければいけません。
BlogPaint

夕飯を軽く食べ、ちょこっと飲み始めました(^^♪

みんな集まり、乗船待ちです。

BlogPaint

さるびあ丸
2016-03-12-21-38-10

2016-03-12-21-43-14

2016-03-12-21-43-34

船に乗りこみ、自転車を
指定された場所に置きます。
2016-03-12-21-45-25
大型客船の場合、自転車は輪行袋に入れておけば無料です。
ジェット船の場合は1000円かかります。

船の中には各種飲料の自販機。
ビールなどのアルコール系の自販機。
アルコールの自販機は免許証が必要になります。
未成年の購入防止の為らしいです。
いくらオッサンでも自販機には少年に見えてしまうみたい(笑)

お菓子などおつまみの自販機。
あとは、カップラーメンの自販機もあります。

なんとなく懐かしいようなこういう自販機もあります。
2016-03-13-22-29-31

シャワーもあります。10分200円です。

行きは、特2等です。
一応、個室?のようにカーテンで仕切られるようになっていて
寝台列車みたいです。
中は狭いです。明かりはありません。
ライトなどあった方がいいですね。ボクは自転車のライトを使いました。
各個室にはコンセントがあります。スマホの充電などできます。
2016-03-12-21-51-53
2016-03-12-21-52-09

毛布と枕が各個室にあります。
床は固いです。。。
2016-03-13-22-29-36

出航して軽く乾杯し、デッキで夜景を楽しみました。
2016-03-12-22-14-06

次の日は6時に大島の港に着くので
5時には起きなければなりません。
なので早めの就寝。

寝るまでは平気でした。

・・・何が平気かというと。。。。

船酔いです。

明け方4時頃目が覚めて
トイレに向かいました。
それから船酔いが始まりました。
酔い止め持参したけど、飲むのを忘れてました。

すぐに飲んだけど気持ち悪かった。。。。
なんとか着替えて、港に着くのを待ちました。
ひたすらじっとしてました(笑)

船は揺れる時と揺れを感じない時があるので、
酔いそうな人は事前に飲むことをおすすめします(´▽`)

6時伊豆大島の岡田港に到着。
伊豆大島には港が2つあります。
岡田港(おかた)と元町港
天候によりいずれかの港に着くらしいです。
その日にならないとわからないみたい。
2016-03-13-05-57-41

BlogPaint

2016-03-13-22-29-44

早速、輪行袋から自転車を組み立てます。
2016-03-13-06-28-30

恒例のポーズ(笑)
BlogPaint

2016-03-13-06-28-24
2016-03-13-06-28-27

伊豆大島ではコンビニが1軒もありません。(2016年3月13日時点)
なので、6時に伊豆大島について「さぁ朝ごはんを食べましょう」って
なったときに食べるものを用意しておかないと困ります。
事前に用意しておきましょう。竹芝客船ターミナルの中にコンビニがあります。

着替えなどのリュックの荷物。。。走るのに重くて邪魔です。

岡田港には預けるところはありません。
預ける場所は元町港に行かないとありません。
大島観光協会であずかってくれます。1つ300円です。
しかし、大島観光協会は朝早くやってません。

近くの愛らんどセンター 御神火温泉で朝6時半頃でも預かってくれます。
2016-03-13-07-18-24

ここで預けて、受け取りは大島観光協会になります。(※注意が必要です)
大島観光協会は元町港にあります。

岡田港から元町港まで6kmほどですが、
・・・・登りがあるんです。重い荷物を背負ったままの登りです。ツライ。。。

どうにか元町港に到着し、無事荷物を預けて身軽になりました!

御神火温泉から海岸沿いを走り、再び岡田港のスタート地点を目指します。

サンセットパームラインは海を見ながら爽快に走ることができます。
海風が強かった。

岡田港から波浮港を目指します。
島の東側は平地は少ない。。。アップダウンが多いです。
斜度はそんなにないです。

2016-03-13-08-53-19

2016-03-13-08-53-12

筆島
2016-03-13-09-15-17
2016-03-13-09-15-40

テンション上がりすぎて
戦ってます(笑)
BlogPaint

伊豆大島なので大の字ジャンプ!
BlogPaint

波浮港の見晴台へ
眺めがいいです(^^♪
2016-03-13-09-37-43

2016-03-13-09-38-02

この波浮港に向かいます。

波浮港に着いてからのお目当ては・・・・

鵜飼商店のコロッケ!!
伊豆大島の隠れ名所です。
他の人のブログでも出現率高いです。
2016-03-13-09-56-10

2016-03-13-22-30-18

2016-03-13-09-58-01
2016-03-13-09-58-08

揚げたてコロッケ、絶品です!!
美味しかった。
カレーコロッケとメンチカツいただきました(^◇^)
BlogPaint
Blo
gPaint

2016-03-13-10-11-34
2016-03-13-10-11-27

コロッケ食べて満足してから走り出します。

しばらくすると、巨大なバームクーヘンが現れました!!

こちらの美しい地層の断面100~150年ごとの火山の噴火による
火山灰の体積によって出来たという「千波地層切断面」
2016-03-13-10-39-25

伊豆大島は走ってる車も少ないし、信号もほとんどない。
ゴーストタウンを走ってる感じ(笑)でした。

2016-03-13-10-58-31

あっという間に元町港の方に戻ってきました。

島のアイスクリーム屋トリトン
事前に立ち寄りポイントとして行く予定でした。
店の目の前まで行ったのですが、時間の都合で食べることができませんでした😢(悲)
2016-03-13-11-17-20

ランチは元町港近くの
食事処おともだち
2016-03-13-12-10-24

2016-03-13-22-44-40

べっこう丼と地魚刺身定食をそれぞれいただきました(^^♪
2016-03-14-13-36-01
2016-03-14-13-36-12

べっこうとは、伊豆諸島の郷土料理として知られているべっこう。
唐辛子醤油につけた魚の切り身が、
つややかなべっ甲色になるためそう呼ばれています。
旬の魚を島とうがらし醤油に漬けます。
それは先人たちが離島という環境のなかで考え出した保存食でもあるのです。

ここで本日の出航港を確認すると、
元町港でした(^^♪
岡田港まで戻る必要がなくなり、
この時点で12時。
ヒルクライムに向かう人と、温泉入る人と2つに分かれて行動しました。
ボクは温泉班へ。

大島観光協会で荷物を受け取ります。
2016-03-13-22-46-10

愛らんどセンター 御神火温泉へ向かいました。
1000円でちょっと高め?でしたが
熱い温泉で温まりました。

13時30分に元町港船客待合所に集まりました。
輪行の準備をします。
2016-03-13-13-42-05
2016-03-13-13-42-11

BlogPaint

14時過ぎ、船に乗り込みます。
BlogPaint

帰りは2等椅子席
2016-03-12-21-45-14

UNOで盛り上がりました(^^♪
20年?ぶりにやったので、ルール忘れてました(笑)
BlogPaint

20時頃竹芝到着。

なかなかの弾丸ツアーでした
今回は距離的には58.24 kmでしたが、とても充実したライドでした(^^♪

次は三宅島?
お疲れ様でした!

帰ってからプリン食べました。美味しい!
2016-03-14-10-18-04

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク